あなたが疲れた時 ちょっとだけトラバースしてご来店ください。 北海道の多彩なメニューがあなたを癒します。 飲み物はご持参くださいね♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まばゆい転機

新たな一歩を踏み出した友へ-

遥か銀河から到達した光線は、不条理な厚い雲を引き裂いて柔らかに雪を溶かしてゆきます。

厳冬の渦中に身を置いていた頃は、春の訪れを否定していた疲れた心も、今は微笑を取り戻して粛々と明日への準備を整えていますね。

先の見えない悲しみも、いつか時間が消化して解決してくれるはずです。
だから、今夜はゆっくりと眠りに就いて、明日も笑顔でいてください。

解放されない感情に囚われた時、空から注ぐ光の束を思い出してほしいのです。
スポンサーサイト
ブリリアントの吐息

屈斜路湖を源流に旅を続けた淡水がここで潮と交わります。

魚たちのため息も、湿原を蛇行した記憶も、この河口では琥珀の輝きに制圧されています。
ここでは人が郷愁と交わります。

固定された照度の河畔を歩いていると、僕の左側に甘い匂いのする細い影を探してしまうのです。
クレパスの主張

水平線は失われ、視線の果てには地球の半径を感じさせるラインが横たわっています。

クレバスがなければ、そこが暫定の雪原であることを忘れてしまいそうです。

シベリアに端を発して創造された流氷は、豊富な栄養素をオホーツクの海にもたらして、活発な食物連鎖を構築させます。

白の静寂に制圧された海を見ていると、やがて波を取り戻して本来の海に戻ることが奇跡のように思えるのです。
アムールの輪廻

シベリア大陸のアムール川から放出された大量の淡水は、オホーツク海表層の塩分濃度を下げ、寒冷が最高潮に達したころ、海面に白のオブジェを創造します。

僕たちが日々の生活に追われている間にも、地球規模の営みは止むことはなく出現と消滅を繰り返しています。

入り江に孤立した流氷たちは神々しく存在し、僕は遥か北からの啓示に出逢ったような気がするのです。
Still 今もなお

夕日に晒された秀峰が、寡黙に半島の付け根にそびえています。

迷った時、悩んだ時、切ない時、僕は標を求めて山へ向かいます。

心拍数を上げながら最小限の思考のみでアタックを繰り返す登り。頂上での眺望に感謝する想い。下りで感じるささやかな優越感。

そんな過程を経て地上に戻ると、日常の日々が小さく思えて、少しだけマクロな感性を取り戻せた気がするのです。
蒼のラッセル

葉を失ってもなお、樹木たちはブリザードの風を分解して僕に視野を与えてくれています。

コットンの路に足をとられながらも歩き出すと、蒼の世界の向こうにトライアングルの出口が見えてきました。

取り敢えずそこに辿り着いてみよう、そんなささやかな誓いをパワーに変えて凍える森を後にしました。
蒼のサンクチュアリ

吹雪に耐えながら川面に目を落とすと、ゆっくりとした水の流れが結氷を阻止しているのが分かります。

樹木たちは川を慈しむように寄り添いながら、森の奥へと水が供給されるのを見守っています。

僕たちがどれほど時を重ねても、永久に変えてはならないものがあると思うのです。

テレサの伝言

-あなたの中の最良のものを-

人は不合理、非論理、利己的です。
気にすることなく人を愛しなさい。
あなたが善を行うと、利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう。
気にすることなく、善を行いなさい。
目的を達しようとするとき、邪魔立てする人に出会うでしょう。
気にすることなくやり遂げなさい。
善い行いをしても、おそらく次の日には忘れられるでしょう。
気にすることなく、し続けなさい。
あなたの正直さと誠実さが、あなたを傷つけるでしょう。
気にすることなく正直で、誠実であり続けなさい。
あなたが作り上げたものが、壊されるでしょう。
気にすることなく作り続けなさい。
助けた相手から、恩知らずの仕打ちを受けるでしょう。
気にすることなく助け続けなさい。
あなたの中の最良のものを、世に与えなさい。
けり返されるかもしれません。
でも、気にすることなく、最良のものを与え続けなさい。
                   ~マザー・テレサ~

秋に訪れた美しい沼は既に結氷の時を迎えていました。
脆弱な僕にとって、先人の言霊が沈みそうな心を支えてくれるのです。

ときめきの開放

陸と湖が一体化した雪原を見ていると、徐々に開放感に包まれて、無垢だった子供の頃を思い出します。

雪原を渡る冷たい風を受けながら、ゆっくりと深呼吸をすると、何ものにも束縛されない自分を見たような気がしました。
冷静な無垢

突然遭遇したその子は、目を逸らすこともなく、臭覚と聴覚の能力を最大限に発揮して状況を判断しています。
僕は少しだけ目を細めて微笑みを作ろうと努力してみました。
数秒の対峙の後、ゆっくりとカメラを構えてシャッターを切った時、僕はその子の溜息を聞いたような気がしました。
「ツキアッテラレナイヨ」 そう言わんばかりに林の方へ反転して姿を消してしまいました。
人間と野生とでは、生への必死度が違いすぎることを教えられた気がします。
// HOME //  NEXT
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 ひとり静か cafe all rights reserved.
彼女にチャイを!

彼女にチャイを、僕にバランタインを

マスターについて

196×年生まれの男 東北海道在住 ☆好きなこと~登山、カヌー、写真 ★嫌いなこと~団体行動

ビバーク

Author:ビバーク
飲み物片手に遊びに来て下さいね♪

北海道の情景を発信しています。

最近のメニュー
当店の水槽

今日はどんなお魚が泳いでいるのかな。

お好きなメニューは?
最近のコメント
FC2ブログランキング

あなたの心が揺れたならポチッと押してくださいね♪

FC2ブログランキング

月別アーカイブ
QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数
ブロとも申請フォーム
大好きな部屋です
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

今の時刻

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。